んば速報!

NBAやバスケットボール、Bリーグの2chまとめ情報やNBA速報ニュースを配信!

日本男子バスケ

コメント(0)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
no title

引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489909760/

1: 以下、んば速報!がお送りします 2017/03/19(日) 16:49:20.15 ID:CAP_USER9

 男子バスケットボールのNCAAトーナメント(全米大学選手権)は18日に各地で3回戦の8試合を行い、日本の八村塁(1年)が所属する西部地区第1シードのゴンザガ大は79―73(前半38―20)でノースウエスタン大を下して「スイート16(ベスト16)」に進出。八村の出番はこの日はなかった。

 東部地区では波乱。昨季の覇者で第1シードのビラノバ大が地区第8シードのウィスコンシン大に62―65(前半27―31)で敗れ、早くも姿を消した。ウィスコンシン大は62―62で迎えた後半の残り11・4秒、フォワードのナイジェス・ヘイズ(4年)が右サイドのローポストから巧みにゴール下にもぐりこんでシュートを決め、これが決勝点となった。

 ゴンザガ大と同じ西部地区では第3シードのフロリダ州立大が66―91(34―44)で第11シードのゼイビアーに苦杯。なお3回戦の残り8試合は19日に行われる。

[ 2017年3月19日 15:53 ]
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/03/19/kiji/20170319s00011000267000c.html

関連スレ
【バスケット】ゴンザガ大 八村塁 日本男子選手として初めてNCAAトーナメントに“足跡”
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1489744768/


2: 以下、んば速報!がお送りします 2017/03/19(日) 16:50:23.48 ID:PTkilFx+0

八村の出番はこの日はなかった。

おいwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


【【バスケ】NCAAトーナメント 八村塁所属のゴンザガ大、競り勝ってベスト16】の続きを読む

コメント(0)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
no title

引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489398599/

1: 以下、んば速報!がお送りします 2017/03/13(月) 18:49:59.25 ID:CAP_USER9

 男子バスケットボールのNCAAトーナメント(全米大学選手権=計68校出場)の組み合わせが13日に決定。八村塁(19=1年)が所属している西部地区第1シードでAP4位のゴンザガ大(32勝1敗))は、16日の初戦(2回戦)で南ダコタ州立大(18勝16敗)と対戦することになった。

 南部地区第1シードでAP6位の北カロライナ大(27勝7敗)はテキサス・サザン大(23勝11敗)と対戦。東部地区の第1シードで大会連覇を狙うAP2位のビラノバ大(31勝3敗)と、中西部地区第1シードでAP1位のカンザス大(28勝4敗)は「ファースト4」と呼ばれる1回戦を勝ち上がったチームと顔を合わせる。

 なお上位4校による「ファイナル4」は4月1日と3日にアリゾナ州グレンデールのフェニックス大スタジアムで開催される。

[ 2017年3月13日 17:40 ]
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/03/13/kiji/20170313s00011000325000c.html
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/03/13/jpeg/20170313s00011000324000p_view.jpg


28: 以下、んば速報!がお送りします 2017/03/14(火) 10:54:06.19 ID:YCeFmIJ30

モハメド・アリの体型とよく似てる。


【【バスケ】NCAAトーナメント組み合わせ決定 八村塁所属ゴンザガ大は南ダコタ州立大と初戦】の続きを読む

コメント(0)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
no title

引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488969319/

1: 以下、んば速報!がお送りします 2017/03/08(水) 19:35:19.11 ID:CAP_USER9

 米大学男子バスケットボールのウエストコースト・カンファレンス(WCC)決勝が7日にネバダ州ラスベガスで行われ、AP4位のゴンザガ大(ワシントン州)が同14位のセントメリーズ・カレッジ(カリフォルニア州)に74―56(前半39―18)で快勝。5年連続、通算16回目の優勝を飾り、NCAAトーナメント(全米大学選手権=参加68校)への出場権を自動的に獲得した。

 日本から留学している八村塁(19歳=1年)は1分間出場して3点シュートを1本成功。今季は25試合に出場して平均2・8得点という成績だったが、チームがカンファレンス優勝を果たしたことで日本の男子選手としては史上初めてNCAAトーナメントに出場することになった。

 ゴンザガ大は今季開幕から29連勝を飾ってランキング1位の座をキープ。2月25日のブリガムヤング大戦で71―79と敗れてAPランクでは4位に下がったが、今季は32勝1敗という好成績を残した。WCCの決勝には20年連続で進出。強豪がひしめくNCAAトーナメントでは西部地区の第1シードが濃厚になっている。

[ 2017年3月8日 16:29 ]
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/03/08/kiji/20170308s00011000227000c.html
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170308003745_comm.jpg


26: 以下、んば速報!がお送りします 2017/03/08(水) 23:38:24.38 ID:IHvSrQJp0

すげーなこれ
日本じゃ全く知られてないけど
大学バスケの全米選手権って
日本で言えば甲子園みたいな存在やろ


【【バスケ】ゴンザガ大がNCAAトーナメント出場権、留学の八村塁 日本男子選手初出場へ】の続きを読む

コメント(0)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1483526297/

1: 以下、んば速報!がお送りします 2017/01/04(水) 19:38:17.35 ID:CAP_USER9

第92回天皇杯・第83回皇后杯(オールジャパン2017)が1月2日に開幕。長い歴史を誇りながら、Bリーグ開幕をきっかけに国内のバスケットボールに興味を持ったファンは、どういう位置付けの大会かピンと来ないところもあるのではないか。そこで、オールジャパンを楽しむためのポイントを5つ挙げてみたい。

①オールジャパンは「2冠」のうちの1つ
 まず、BリーグやWJBLの各チームにとっては“2冠”のうちの1つであるということを知っておく必要がある。昨季までのNBLとWJBLのチームは、開幕前に「2冠達成」を目標に掲げるチームが多い。特に、この大会での優勝回数が多いチームほど、「まずはオールジャパンで1冠」という意識が強い傾向がある。女子で言えば大会3連覇中、リーグ戦でも8連覇中のJX-ENEOSサンフラワーズは2冠に懸ける想いが強いだろう。オールジャパンで敗れると、たとえリーグ戦で優勝しても選手は口をそろえて「2冠を達成できなかった」と反省する。

 そもそもオールジャパンは、各リーグよりも長い歴史を持つ。多くの選手やコーチは学生時代からなじみがあり、彼らにとっては「あるのが当たり前」。リーグ戦を中断して行われるが、この大会に懸ける意気込みは強い。

 その意味では、bjリーグ勢の5チーム、特に初出場となる3チームにとっては難しい大会になる。リーグ戦が半分残っているタイミングで、負けた時点で終わりというトーナメント戦を戦う難しさを身に染みて感じるだろう。出場経験の有無による選手間の温度差も懸念されるところだ。

②男女同時開催、普段見られないチームも見られる
 Bリーグのファンにとっては、気になるのは当然ひいきチームだが、同じ日に同じ会場で複数の試合が行われるため、他チームの試合も見ることができる。同一リーグだけでなく高校、大学、実業団、クラブチームまで一堂に会する大会。様々なカテゴリーのチームを見比べる絶好の機会だ。

 そして、Bリーグのファンにぜひ注目してほしいのが女子。リオデジャネイロ・オリンピックでの日本代表の躍進はまだ記憶に新しいところ。代表選手のスキルフルなプレーはもとより、彼女たちに立ち向かう他のWJBL選手、次代の“アカツキファイブ”を担う学生など、見どころは満載だ。4日と6日は、代々木第一体育館でBリーグ勢が試合を行う一方、隣の第二体育館でWJBL勢も試合に臨む。2020年の東京オリンピックに向けてさらなる強化を図る中、どのような選手がいるか“ハシゴ”してチェックしてみてほしい。

③トーナメント一発勝負
 正式名称に天皇杯、皇后杯と冠せられているように、サッカーと同じトーナメント一発勝負というのが大きな特徴。バスケットボールは番狂わせが起こりにくい競技だが、それでも過去にはインパクトのあるアップセットもあった。インカレで優勝を争う大学は毎年のように「打倒トップリーグ」を公言し、インカレ後も4年生が引退せずに激しい練習を積む。また、Bリーグ同士やWJBL同士のカードでも、リーグ戦で分の悪かった相手にオールジャパンで勝って溜飲を下げたい思いがある。アンダーカテゴリーのチームのチャレンジャー精神と、下位に沈むチームの意地が垣間見える大会でもある。

④学生がトップリーグ相手に通用するか
 上記のように、学生にとってはトップチームに挑戦するまたとない機会。自分がどの程度通用するのかを知る機会であると同時に、存在をアピールするチャンスでもある。それは見る側も同じことで、すごいと思う選手がトップチームと対峙した時にどこまで活躍できるのかという楽しみがある。逆に、学生をよく知らないファンが試合を見て「この選手はプロで活躍できそう」などと“青田買い”をするのも面白い。将来のBリーガーやWJBLの選手、さらに日本を背負う選手をこの大会で見つけてもらいたい。

⑤中立地開催の妙
 トーナメントであると同時に、ホーム&アウェイではない中立地開催という点も特徴。特に完全ホームタウン制のBリーグチームの場合、各チームにどのような影響を与えるのかが気になるところだ。移動に関しては、普段のホームゲームと同じ感覚で臨めるアルバルク東京やサンロッカーズ渋谷が有利だが、応援に関しては、その2チームよりも近隣県に本拠を置くクラブのブースターの方が多く会場に駆けつけ、チームの助けになるかもしれない。

 東京までの距離に差がある以上、完全に五分五分の条件にはならないが、多くのブースターが集まるのはどのチームか。応援のまとまりも含め、ブースター同士の戦いも面白そうだ。

 このようにBリーグや日本代表だけでなく、いろいろなチーム、いろいろな試合を見ることでさらに日本のバスケットを深く知ることができる。オールジャパンはそのきっかけになる大会だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170104-00005188-bballk-spo


5: 以下、んば速報!がお送りします 2017/01/04(水) 20:07:39.65 ID:aKNkGKPH0

去年B.LEAGUEが開幕して楽しみが増えたわ
ありがたい


【【バスケ】“2冠”の1つ、オールジャパンはここが面白い、東京開催の大会を見るべき5つのポイント】の続きを読む

コメント(2)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1483607010/

1: 以下、んば速報!がお送りします 2017/01/05(木) 18:03:30.33 ID:CAP_USER9

 2020年の東京オリンピックは、もう3年半後だ。ただしバスケットボールは開催国枠の保証がなく、参加も決まっていない。女子は昨年のリオデジャネイロ五輪で8強入りという結果を出しており、高確率で枠が与えられるだろう。しかし男子は1976年のモントリオール五輪から40年以上に渡ってオリンピックと縁がなく、ワールドカップも自国開催の06年を除くと98年以降は出場を逃している。

 開催国枠を得るため、日本の実力を国際バスケットボール連盟(FIBA)に認めさせる必要がある。例えば19年のFIBAワールドカップ中国大会に向けた予選を自力で突破し、本大会でも恥ずかしくない戦いを見せられれば、明確な実力の証明になるだろう。しかし、レベルアップを図るための猶予は皆無に近い。

 今回のワールドカップからは予選がセントラル方式でなく、リーグ戦の隙間を縫い、サッカー男子代表などと同様の『ホーム&アウェイ方式』で開催されることになった。必然的に予選の開始時期も早まり、加えて事前に予選の出場権を得るための国際大会がある。今年の5月、もしくは6月に予定されているFIBAアジアチャンピオンズカップ(アジアサブゾーン予選)から“東京五輪への道”はスタート。東アジアの4強に入り、その上でアジアカップの上位14チームに入れば、ワールドカップ予選の出場権が手に入る。1次予選のスタートは17年11月だ。

 状況は慌ただしいが、『世界を知る』『世界に近づく』ためのアクションは既に起こされている。日本バスケットボール協会(JBA)は昨年11月に、技術委員会のアドバイザーとしてセルビア出身のルカ・パヴィチェヴィッチ氏を招聘した。春以降には外国籍の新ヘッドコーチ(監督)も招かれる予定だが、現在は彼が強化合宿の指導に当たっている。育成年代は以前からドイツ出身のトーステン・ロイブル氏が統括しており、ヨーロッパ出身のスタッフが各年代の強化を引っ張る体制だ。

 現在、NCCA 1部に留学している渡邊雄太(22歳/ジョージワシントン大)、八村塁(18歳/コンサガ大)といった若手も、当然ながら代表強化の構想に入る。2人は日本の高校でプレーしていた当時と比べて技術とフィジカルの両面でスケールアップし、バスケの本場でいい経験も積んでいる。ジョージワシントン大は昨夏の親善試合で日本代表を下しているが、世界中の逸材が集うアメリカの大学バスケは、日本のプロより平均レベルが上と考えていい。そういうカテゴリーでプレーしている彼らは、既に代表でプレーするレベルと考えて間違いない。205cmの渡邊、203cmの八村というオールラウンダー2人がチームに加われば、代表は間違いなく活気づくだろう。

 一方でアメリカの大学スポーツは日本以上に学業面で選手に対する要求が厳しく、授業や試験を無視して長期の遠征に帯同することは難しい。秋から春にかけたNCAAのシーズン期間中に、合宿へ呼ぶというのも現実的ではない。実際に2人は日本代表の強化指定選手に入っているが、12月の合宿には不参加だった。彼らが週の半ばに組まれるワールドカップ予選のたびに帰国するということも現実的ではなく、彼らが不在の状態で出場権を勝ち取ることを前提としなければならない。

 帰化選手枠の人選も難しいテーマだろう。バスケの代表チームは他スポーツと違い、16歳を過ぎてから国籍を変えた選手の登録を1人に制限している。Bリーグにも桜木ジェイアール(三河)、アイラ・ブラウン(SR渋谷)、マイケル・パーカー(千葉)といった外国出身で日本国籍の実力者はいるが、それぞれ年齢が高い。手薄なインサイドの大型選手の若手、中堅にこれといった候補が思い当たらないことも不安な現実だ。

更新 2017/1/5 16:00 dot.
https://dot.asahi.com/dot/2017010500107.html
2017010500107_1


3: 以下、んば速報!がお送りします 2017/01/05(木) 18:07:18.22 ID:3k7pzaPe0

開催国枠決まってないのか
きついな


【【バスケ】留学中の若手逸材を呼べない!? 東京五輪出場へ男子バスケに立ちはだかる高い壁】の続きを読む

    このページのトップヘ